収入証明不要キャッシング希望者にお勧めです

少額だったら収入証明不要が多数!

「お金をかりるのに収入証明が必要になったらどうしよう」と悩んでいる人がいるかもしれませんが、現在のキャッシングでは、『少額の借り入れ』であれば、基本的には収入証明不要が普通になっています。

 

そのため、収入証明の心配をしないといけないのは、やはり消費者金融業者であれば『50万円以上』もしくは『他者との合算で100万円以上』になります。

 

そして、銀行であれば各行によって『100万円〜300万円以上』の場合のみ必要になります。

 

この条件だけを見てしまうと、一見、銀行の方が甘く見えてしまいますが、銀行のカードローンの場合、これに『年収300万円以上』などの条件が入ることも多いので、消費者金融業者よりはやはり応募基準のハードルが高くなります。

 

収入証明が不要になる金額が高いのは、それだけ借入希望者にもしっかりした年収を求めているので、決して銀行の方が収入証明不要で借りやすいとは限りません!

 

ただし、高年収で、会社が社会的に一流企業の場合は、銀行の方が金利も断然安く、審査も問題ないので、消費者金融業者でキャッシングをするよりも、メリットが大きい可能性もあります。

 

逆に年収に自信がなく、あんまり職歴も長くない人は、銀行では審査に落ちてしまう可能性が高いので、消費者金融業者に応募した方が、審査を通る可能性が断然高くなります。

 

年収300万円未満のアルバイトなどは、消費者金融業者のキャッシングの方が、審査に通りやすい傾向があります。

 

クレジットカードでのキャッシングでも収入証明は必要!

そして、収入証明は、消費者金融業者や銀行だけのキャッシングだけが対象ではなく、『クレジットカード』のキャッシングも必要になります。

 

クレジットカードのキャッシングでも、少額の場合は大体申告だけで済みます。

 

しかし、借り入れ額をもっと増額してほしい場合や、高額の借り入れの場合は、収入証明が必要になってきます。

 

また、消費者金融業者の場合は、審査以外の時には収入証明の提出をそれほど頻繁にお願いすることはないですが、クレジットカードのキャッシングの場合は、定期的に収入証明の催促をお願いする手紙が届きます。

 

「収入証明を提出すれば今よりもキャッシングを増額可能」など、本人が望んでいなくても、クレジットカード会社の方から、収入証明が必要でなくても、『催促』が来るのが特徴です。

 

そのため、一度審査で通ってしまえば、消費者金融業者や銀行の方が、収入証明の提出については、よほどの返済滞納などが生じない限り、催促されないため楽です。

 

クレジットカードのキャッシングは、消費者金融業者よりも収入証明の催促が多いため、無視をできないタイプの人にとっては、ストレスが貯まりやすい可能性があります。

 

一見、消費者金融業者の方が、収入証明の提出を催促しやすく見えますが、実際にはクレジットカードのキャッシングの方が、収入証明の提出はしつこく案内されるので、クレジットカードでキャッシングをしようと思っている人は、注意をしたほうが良いです。

 

収入証明不要キャッシング情報記事一覧

キャッシングで収入証明が必要になるくらいの借入金額を希望した場合、収入証明の提出は必要になりますが、万が一、収入証明を提出しないとどうなるのか?答えは『申し込みが否決される可能性が高い』です。収入証明を提出する時には、大きく分けて、2つの目的があります。一つは、『貸金業法で定められているので提出義務があるケース』、そしてもう一つは『会社の独自判断で提出を求められるケース』です。絶対に収入証明書類を...

ノンバンクの消費者金融業者と銀行では、収入証明提出の基準が大きく違います。消費者金融業者は1社で50万円以上を借り入れようと思ったら、収入証明が必要になってきます。ところが、銀行は300万円まで収入証明が不要だったり、その差は明らかです。キャッシングもカードローンも、一般人にとっては、どれも同じように見えるのですが、なぜ消費者金融業者と銀行では、これほどの差が生まれてしまうのでしょうか?その原因は...

ノンバンクでは、収入証明が不要になるのは、1社での借り入れ額が『50万円以下』の場合です。50万円以上の借り入れになってしまうと、どこの消費者金融業者でも必ず収入証明は必要になってきますので、消費者金融業者を変えたらOKになるような問題ではないのです。というのも、『1社50万円以上で収入証明を提出』というのは、消費者金融業者が決めたわけではないからです。国が無理な借り入れを防ぐために、『貸金業法』...

銀行の場合、収入証明不要で融資をしてもらうには、各行によって基準が違ってきます。銀行の場合は、消費者金融業者とは違い、基本的に100万円〜300万円の借り入れまでは収入証明を不要としているケースが目立ちます。つまりかなりの大金にならないと、収入証明はほとんど不要ということになります。大金を借りたい人にとっては、銀行は収入証明不要で借りれる便利さが魅力になります。おまけに銀行は、消費者金融業者に比べ...

キャッシングで提出する際に必要になる『収入証明』とは、具体的にどのようなものかご紹介します。まず、会社員が一番手軽に用意が出来るものとしては『給与明細』がおススメです。給与明細だったら、毎月発行されますので、手元に残しておけば、簡単に収入証明を提出できます。ただし、キャッシングで収入証明書類を提出してほしいと言われる時には、『複数か月分』の給与明細が必要というケースが多いので、1カ月分だけでは認め...

実は、収入証明を過去に一度に提出した人でも、収入証明書類の発行日から3年以上が経過した場合、収入証明の再度の提出を求められます。これは貸金業法で決まっているため、3年以上返済が続いている人は、再度の収入証明の提出を覚悟した方が良いです。どうしても再度の収入証明を提出したくない場合は、3年以内に返済を終わらせてしまうことです。また、クレジットカード会社は、近年貸金業法がどんどんと厳格化されている流れ...

収入証明は総量規制などの条件とは別に、会社独自の判断で提出が求められるケースもあります。本来だったら、収入証明を提出しなくても良い借入金額でも、消費者金融業者や銀行によっては、キャッシングの審査の途中で、収入証明を提出させるケースがあります。当然、収入証明が不要だと思って申し込みをした人にとっては、まさかに寝耳に水の展開です!しかし、通常では収入証明が不要なのに、収入証明を求められるケースはかなり...