ノンバンクで収入証明不要にするコツを紹介します

『1社50万円以下』の場合

ノンバンクでは、収入証明が不要になるのは、1社での借り入れ額が『50万円以下』の場合です。

 

50万円以上の借り入れになってしまうと、どこの消費者金融業者でも必ず収入証明は必要になってきますので、消費者金融業者を変えたらOKになるような問題ではないのです。

 

というのも、『1社50万円以上で収入証明を提出』というのは、消費者金融業者が決めたわけではないからです。

 

国が無理な借り入れを防ぐために、『貸金業法』という法律で定めた決まり事なのです。

 

そのため、アイフルだろうが、アコムだろうが、プロミスだろうが、1社で50万円以上を借りようと思ったらどこでも収入証明が必要になります。

 

1社50万円以上を借りても収入証明が不要になるのは、主に銀行だけです。

 

貸金業法の対象となっているノンバンク系のキャッシングは、50万円を超えたら絶対に収入証明が必要になると覚悟をしましょう。

 

収入証明を提出しないということは、法律違反になってしまいますので、収入証明を提出しないで済むという選択肢はありません。

 

そのため、消費者金融業者も、収入証明が必要なのに提出をしない人には、50万円以上は貸しません。

 

収入証明を提出しない場合、考えられるのは、審査がそのまま否決されるか、借り入れ額を50万円以下に設定されるかです。

 

どうしても50万円以上を収入証明なしで借りるのであれば、銀行しか手段はありません。

 

消費者金融業者では収入証明の提出は法律で義務化されているので、その決まりを破ることはできません。

合算で100万円以上の借り入れ

また、ノンバンクでは、『1社50万円以上』という条件の他に、『他社との合算が100万円以上』の場合も、収入証明が必要になってきます。

 

初めてキャッシングをする人は、特に気にする必要がありませんが、多重債務者は気を付けないといけません!

 

 

1社で50万円以下だとしても、合算で100万円を超えたら、収入証明が必要になってきますので、どうしても収入証明を提出したくない人は、他社の借り入れ額を考えて、新規申し込みの希望借り入れ額を検討する必要があります。

 

誤魔化そうとしても、消費者金融業者などはCICなどの信用情報をちゃんとチェックしていますので、申込者がどこの会社でいくらくらい借りているのか、すぐにわかってしまいます。

 

キャッシングの申し込みで一番避けたいのは、やはり『嘘』です。

 

調べればすぐにわかるようなウソをついてしまうと、それだけで信用がなくなってしまいます。

 

特に新規の申し込みで、記入の必要事項ではないと、余白部分を適当に記入している人は、ただでさえ、審査が落ちやすくなってしまうので、例え必要事項になっていなくても、出来るだけ申し込み用紙が埋められる部分は、ちゃんと記入して申し込みをするようにしましょう。

 

そして、その情報は、『真実』でなければいけません。

 

お金が欲しい余りに、ウソをついてしまうと、結局は審査で嘘がばれて、落とされてしまいます。

 

多重債務になってくると、新規の審査がなかなか通らなくなってきますので、無理な借り入れには要注意です。

 

 

関連ページ

収入証明を提出しないとどうなるか?
収入証明不要でキャッシング審査で提出したくない!
なぜノンバンクと銀行では収入証明提出の基準が違う?
ノンバンクと銀行では法律が違う!
銀行で収入証明不要のキャッシング
銀行では収入証明不要でキャッシングできるか?
収入証明ってどこで手に入れるの?
万が一、収入証明が必要になった時に読もう!
一度提出しても収入証明を再度求められる場合も!
収入証明は1回提出するだけではダメ!?
審査条件として必要になる場合もある!
収入証明を提出しないと審査が進まない!?