銀行で収入証明を不要にする方法を教えます

各行によって基準が違う!

銀行の場合、収入証明不要で融資をしてもらうには、各行によって基準が違ってきます。

 

銀行の場合は、消費者金融業者とは違い、基本的に100万円〜300万円の借り入れまでは収入証明を不要としているケースが目立ちます。

 

つまりかなりの大金にならないと、収入証明はほとんど不要ということになります。

 

大金を借りたい人にとっては、銀行は収入証明不要で借りれる便利さが魅力になります。

 

おまけに銀行は、消費者金融業者に比べて、圧倒的に金利が低いのも大きなメリットです!

 

大金を借りると、それだけ返済も大変になってきますので、出来るだけ金利は安いにこしたことがありません。

 

消費者金融業者のキャッシングの場合は、審査は通りやすいけど、金利が高く、高額借り入れになると収入証明が必要になってくるという難点がありますので、高額借り入れを検討中の人にとっては、なかなか飛びつきにくい部分があります。

 

とにかく収入証明を絶対に提出したくない人であれば、銀行のローンを利用した方が間違いがありません。

 

消費者金融業者よりも、高額な借り入れを希望しても、収入証明が不要な上、消費者金融のように、総量規制の制約を受けることもないので、柔軟な審査をしてもらうのが最大の魅力です。

 

少額であればハードルが低い消費者金融、高額の借り入れであれば銀行に挑戦するのがおススメです。

 

特に正社員でしっかりした収入がある人であれば、銀行の借り入れの方が便利です。

 

収入証明の提出よりも問題なのが審査の難しさ!

銀行は消費者金融よりも収入証明の提出不要で借りれる金額が大きいため、一見、銀行の方が消費者金融よりも良く見えます。

 

しかし、銀行のローンは、消費者金融のキャッシングよりも、『新規の契約が厳しい』傾向にあります。

 

というのも、消費者金融の新規申し込みは、「派遣やアルバイトはNG」「年収○○○円以上」などの条件がないからです。

 

一方の銀行の場合は、派遣社員はNGにしたり、年収は300万円以上など、申し込み基準を明記しているケースがほとんどです。

 

ネット銀行は比較的に基準が低いですが、いわゆるメガバンクと言われる安定した大手の銀行のローンでは、金利が非常に低い一方で、申し込み基準が非常に厳しく、低年収の非正規労働者では借り入れが難しいケースが多いです。

 

収入証明が不要であっても、やはり審査が通らないのでは、意味がありません!

 

キャッシングやカードローンでは、『属性が良い』とか『属性が悪い』というような言われ方をすることがよくありますが、『属性』というのは、年収や在籍している会社や住んでいる住宅など、融資を受ける上で、審査に有利となる人か、不利となる人かを指す時に使われます。

 

そして、一般的に属性が良い人は銀行へ、属性が悪い人は審査が甘い消費者金融へ流れる傾向があります。

 

属性が悪く、審査の通りやすさを一番に重視する人であれば、収入証明の提出の有無よりも、審査のハードルが低い消費者金融を選んだ方が、可決される可能性は高いと言えます。

 

関連ページ

収入証明を提出しないとどうなるか?
収入証明不要でキャッシング審査で提出したくない!
なぜノンバンクと銀行では収入証明提出の基準が違う?
ノンバンクと銀行では法律が違う!
ノンバンクで収入証明不要のキャッシング
収入証明が必要になるキャッシングは嫌!
収入証明ってどこで手に入れるの?
万が一、収入証明が必要になった時に読もう!
一度提出しても収入証明を再度求められる場合も!
収入証明は1回提出するだけではダメ!?
審査条件として必要になる場合もある!
収入証明を提出しないと審査が進まない!?