収入証明の再提出が求められるケースをガイドします

貸金業法で定められている3年後の提出

実は、収入証明を過去に一度に提出した人でも、収入証明書類の発行日から3年以上が経過した場合、収入証明の再度の提出を求められます。

 

これは貸金業法で決まっているため、3年以上返済が続いている人は、再度の収入証明の提出を覚悟した方が良いです。

 

どうしても再度の収入証明を提出したくない場合は、3年以内に返済を終わらせてしまうことです。

 

また、クレジットカード会社は、近年貸金業法がどんどんと厳格化されている流れを受けてか、クレジットカードの機能から、キャッシング機能をなくする流れが、一部あります。

 

そして、基本的には『収入証明不要』とはしていますが、返済状況などによっては、『収入証明の提出のお願い』を定期的に出しているケースも多く、『提出義務はないけど出してほしい』という流れがあります。

 

少額キャッシングの場合、『申告』は必要ですが、提出義務はないので、ほとんどの人が収入証明を提出しませんが、やはり貸し倒れになるケースも多いため、返済状況が怪しい人の場合は、一度審査に通ったとしても、契約中に収入証明の提出を催促される可能性があるということを覚えておきましょう。

 

キャッシングの利用が長期化すればするほど、収入証明の提出を求められる可能性が高くなりますので、借りたお金は早めに完済し、遅延なく綺麗に返済をすることが大事になってきます。

 

毎月遅延しながら返済をしているような人は、注意が必要です。

 

常に返済能力がチェックされている!

一定期間が過ぎても、収入証明書類の提出を求められるのは、やはりお金を借りている人の経済状況を、定期的にチェックする必要があるからです。

 

やはり3年も経つと、中には返済が遅れたり、リストラで首になって、審査をした時と年収が変わってしまったり、新規の審査を受けた時と、状況が変わってしまっている人も多いわけです。

 

返済がちゃんと行われていて、確実に借金を減らしている人は良いですが、延滞ばかりを繰り返している人は、やっぱり嫌がられてしまいます。

 

つまり、長期の返済においては、やはり返済状況というのが大事になってきますので、返済状況が悪い人は、収入証明書類を出してもらい、ちゃんと支払い能力があるのか、チェックをしておく必要があるのです。

 

支払い能力がなくなってしまうと、自己破産などで借金をチャラにされてしまう可能性も出てきますので、借り手の支払い能力を把握しておかないと、消費者金融にとっては、貸し損になってしまうのです。

 

多額を融資していた会社にとっては、自己破産をされてしまうと、大損になってしまうため、そうならないためにも、やはり定期的に収入をチェックしないといけません。

 

収入証明を提出する方としては、非常に面倒な問題ですが、貸し手にとっては、やはり大きな問題ですので、収入証明を要求された時には、ちゃんと提出してくれるような借り手の方が、やはり信頼はできます。

 

特に、3年後の収入証明書類の再提出は、企業の判断ではなく、法律によって決まっていることなので、借り手は拒否をするという選択肢はありません。

関連ページ

収入証明を提出しないとどうなるか?
収入証明不要でキャッシング審査で提出したくない!
なぜノンバンクと銀行では収入証明提出の基準が違う?
ノンバンクと銀行では法律が違う!
ノンバンクで収入証明不要のキャッシング
収入証明が必要になるキャッシングは嫌!
銀行で収入証明不要のキャッシング
銀行では収入証明不要でキャッシングできるか?
収入証明ってどこで手に入れるの?
万が一、収入証明が必要になった時に読もう!
審査条件として必要になる場合もある!
収入証明を提出しないと審査が進まない!?