収入証明を提出すべき事例を挙げます

総量規制とは別に、会社によっての独自判断も!

収入証明は総量規制などの条件とは別に、会社独自の判断で提出が求められるケースもあります。

 

本来だったら、収入証明を提出しなくても良い借入金額でも、消費者金融業者や銀行によっては、キャッシングの審査の途中で、収入証明を提出させるケースがあります。

 

当然、収入証明が不要だと思って申し込みをした人にとっては、まさかに寝耳に水の展開です!

 

しかし、通常では収入証明が不要なのに、収入証明を求められるケースはかなり特殊で、収入証明を提出しないと、それ以上審査が行われなくなってしまう可能性が高いため、本当に収入証明を提出しない場合、そこで審査が打ち切りになる可能性があります。

 

例外で収入証明を必要になる場合、それだけ収入証明が『審査継続の条件』になってしまっているケースが多いので、収入証明を断れば、怪しまれてしまい、融資も良い方向へ向かわなくなってしまいます。

 

例外として収入証明の提出が必要とされるケースは、『信用情報が悪化している』とか、『他社からの借り入れとの兼ね合い』など、色々な事情が考えられます。

 

収入証明を提出すれば、必ず可決してくれるわけではありませんが、収入証明を提出しないと、審査が通らない可能性が高くなってしまいます。

 

そのため、会社の独自判断であっても、どうしても申し込みをしている消費者金融業者や銀行で借り入れを希望している場合は、収入証明を提出したほうが賢明です。

 

信用情報をチェックしておこう!

キャッシング審査で、収入証明を例外的に要求されないためにも、新規の借り入れをしようと思った時には、『信用情報』を事前に自分でチェックをしてみることをおススメします。

 

キャッシングを行っている消費者金融業者は、審査の場合、必ずCICの信用情報をチェックしています。

 

 

CICの信用情報は、貸金業法で対象とされているノンバンク系業者のクレジットカードやキャッシングなどの返済状況を記載しており、キャッシングの新規申し込みをする時に、CICの信用情報に悪い情報がついていると、当然『危険人物』と思われ、審査が通らなくなってしまいます。

 

CICの信用情報には、年間の支払い予定金額なども記載されているため、どこの業者にどのくらいの残積があるのか、把握することもできます。

 

そのため、新規の申し込みの時に、他社からの借入額で虚偽の申告をしていたとしても、すぐにCICの信用情報などを見れば嘘がばれてしまいます

 

信用情報には、普通に支払いをしていれば、『$』マークが綺麗に並びますが、遅延をすると『A』マークがつき、あまり良い状態とは言えなくなってしまいます。

 

そのため、遅延をしながら返済している人は、新規の借り入れ審査を受ける時に、大変不利な状況になりやすいです。

 

一見、申し込み内容ではOKそうですが、信用情報を見たら怪しい人の場合、最終手段として収入証明を見て、それによって、グレーの人への可決・否決を判断するケースもあります。

 

関連ページ

収入証明を提出しないとどうなるか?
収入証明不要でキャッシング審査で提出したくない!
なぜノンバンクと銀行では収入証明提出の基準が違う?
ノンバンクと銀行では法律が違う!
ノンバンクで収入証明不要のキャッシング
収入証明が必要になるキャッシングは嫌!
銀行で収入証明不要のキャッシング
銀行では収入証明不要でキャッシングできるか?
収入証明ってどこで手に入れるの?
万が一、収入証明が必要になった時に読もう!
一度提出しても収入証明を再度求められる場合も!
収入証明は1回提出するだけではダメ!?